パジコ モンブランメーカーを使って カラースプレーの作り方(フェイクスイーツ)

本日はパジコのモンブランメーカーを使ってカラースプレーの作り方を紹介します。

これがあるとカラースプレーはもちろんモンブランや麺類が簡単にお作りできます♪

100均材料でカラースプレーを作る場合は下のリンクからどうぞ✩

カラースプレーの作り方(100均材料・フェイクスイーツ)

ダイソーの樹脂粘土だと弾力があり固めなのでモンブランメーカーから粘土が出ずらい為、モデナ粘土を使ってカラースプレーを作ります。

スポンサーリンク

用意するもの

パジコ モンブランメーカーでカラースプレーを作る材料・道具

・・・・・・材料・・・・・・

パジコ 樹脂粘土 モデナ・ホワイト

カラースプレーの色にしたい絵の具(ダイソー)※今回白、青、黄緑、黄色、オレンジ、赤を使って6色作ります。

・・・・・・道具・・・・・・

パジコ モンブランメーカー

ハサミ

爪楊枝(穴に詰まった場合のみつかいます)

モンブランメーカーの穴は1mmタイプをつかいます♪


樹脂粘土 パジコ の説明

透明感・透過性のある高級樹脂粘土です。 乾燥後の折れ曲げに大変強く、乾くと耐水性になります。  仕上がった作品は丈夫で長持ちします。


粘土に着色

初めにカラースプレーにするカラーの絵の具をモデナに着色していきます。

粘土はモンブランメーカーに入るくらいの玉を6玉作りました。

モデナは透明感が出るので白を全部必ず加えてください。

不透明を強くしたい場合は白を多めに入れてください。

しっかり色を混ぜてこねてくださいね。

粘土は乾かないようにラップで包んだり袋に入れておくといいですよ。

モンブランメーカーを使用

いよいよ粘土に色をつけたらモンブランメーカーで作っていきます。

まずは他の粘土の色が混ざらないように白から作ります。

丸めた粘土をモンブランメーカーに詰めてください。

色の薄い順番に作る事をオススメします♪

詰めたらあとは絞り出すだけです♪

その都度終わったらモンブランメーカー本体についた粘土をキレイに取ってアタッチメントをティッシュなどで粘土を拭き取ってからまた違う色を絞ってください。

穴に入ってる粘土は爪楊枝で取ってもいいですしあまり気にならなかったらそのまま違う色を上から絞っても大丈夫です。

⤴︎ ⤴︎⤴︎緑から青に変えた時に絞った先端です。

少しだけ先の方に緑が付きますがあとはキレイに青が出てきます♪

これを繰り返してカラースプレーのもとを作っていってください。

6色全て絞りました♪

粘土同士が多少引っ付いていても乾いたら離せるのでそこまできにせず1日位乾かしてください。

ちょこっと豆知識

モンブランメーカーのアタッチメントを使い終えたら最後は拭き取ったりせずにそのまま1日乾燥させてください。

乾燥したらキレイに粘土が剥がれます♪

急ぐ場合はティッシュで拭き取り爪楊枝や針などで穴から粘土を出してくださいね。

カラースプレーのもとを切る

カラースプレーのもとが完全に乾いたら引っ付いている分は1本1本離してバラバラにしてください。

バラバラにしたら数本ずつ重ならないようにしてハサミで切っていきます。

全部切ったら完成です♪

ハサミで手が痛くなるので休み休みカラースプレーを切ってくださいね。

6色を混ぜるとカラフルで可愛いです(人´∀`*)

ちなみにケースはセリアで見つけた重ねて収納出来るケースを使いました♪

5段で100円(+税)になります。

(6色作ったので1段追加してます♪)

細かくカットしても♪

作った色を引っ本ずつまとめて細かく切っても可愛いトッピングになりますよ♪

是非モンブランメーカーを使ってカラースプレーをつくってみてくださいね♪